天気の子の結末ラストシーンの考察と意味は?エンディングで流れる曲やその後の解釈は?

エンタメ

2019年7月19日についに公開される新海誠監督の「天気の子」を楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか?

「君の名は。」の大ヒットで知名度をさらにあげた新海誠監督ですが、今回も「君の名は。」の時と同じく音楽の作詞作曲はRADWIMPSが担当しています。

今回の記事は、

  • 天気の子の結末とラストシーンの意味や解釈を考察
  • ラストシーンやエンディングで流れる曲とその後

についてまとめています。

天気の子のあらすじは?

主人公の森嶋帆高(声・醍醐虎汰朗)は、高校1年生の夏の日、離島から家出して東京にやってきました。

高校生ですから、すぐに生活ができなくなって、知り合いのいない東京で、孤独な毎日を送っていました。

そこに、須賀圭介(小栗旬)という小さな編集プロダクションを営むライターと、東京行きのフェリーで帆高と出会って住み込みで働くように雇ってくれました。

しかし、任された仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業でした。

夏美(本田翼)は、須賀(小栗旬)の事務所で働く女子大生です。

毎日、降り続ける雨の中で、帆高は一人の少女・陽菜(声・森七菜)に出会います。

陽菜は、ある事情を抱えて、小学生の弟・天野凪(吉柳咲良)とふたりで暮らす明るくてたくましい少女です。

陽菜が「ねぇ、今から晴れるよ」というと、今まで大雨だったというのに少しずつ雨が止んで帆高の周りが晴れるのでした。

陽菜は、祈るだけで、空を晴れに出来る不思議な力を持つ少女でした。

老婦人の冨美(倍賞美津子)は、帆高と陽菜にある頼みごとをします、2人にどんなお願いをするのでしょうか?

都内で起きた事件を追って、須賀の事務所を訪れる老刑事・安井(平泉成)や安井の相棒の刑事・高井(梶裕貴)も登場します。

映画「天気の子」のメインテーマは「僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語」です。

サブタイトルは「Weathering With You」意味は、今の天気とあなた

「Weathering」は「Weather」の現在進行形で、直訳すると「風化」となります。

しかし、「Weather」には、 天気、天候、気象、荒れ模様、荒天、(人生の)移り変わり、栄枯盛衰のような意味があるので 本来の英語の意味ではなく、

「あなたと今の人生の移り変わり」「今の天気とあなた」などの意味を込めて作られたのかも知れませんね。

もしかすると、主人公の帆高の成長や変化と心情を天気に例えてつけられたでしょうか?

映画『天気の子』予報②

天気の子の結末とラストシーンの意味や解釈を考察

天気の子のラストシーンの考察は以下になります。

新海監督の作品といえば、「別れ」「悲恋」といったイメージがありますが、大ヒット作品「君の名は。」では主人公の瀧とヒロインの三葉が無事結ばれるハッピーエンドで終わってくれました。

今回も無事にハッピーエンドで終わってくれるのでしょうか?

今回の作品のあらすじからやサブタイトルの「Weathering With You」から予想すると、

  • ヒロインの陽菜が自身の能力とや命と引き換えに世界の天気の乱れを直すバットエンド
  • 陽菜と帆高が力を合わせて変わってしまった世界の在り方を元に戻し、陽菜は普通の人に戻ってハッピーエンド

のように思いますが、

新海誠監督が「天気の子」はエンタメ作品であると明言しているので「秒速5センチメートル」のような虚無感に襲われるような結末でないことだけは確かです。

「君の名は。」が最後の最後でハッピーエンドになったように、「天気の子」もハッピーエンドで終わってくれるかも?

ラストシーンやエンディングで流れる曲とその後

「天気の子」で使用される曲は、

  • 愛にできることはまだあるかい
  • グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子
  • 風たちの声(Movie edit)
  • 祝祭(Movie edit)feat.三浦透子
  • 大丈夫(Movie edit)

の5曲です。

エンディングでは「君の名は。」の「なんでもないや」同様ゆっくりとしたテンポの優しい曲が来ると予想できます。

だとすれば、

  • 愛にできることはまだあるかい
  • 大丈夫

あたりが最後に流れて感動のエンディングを飾ってくれるのではないでしょうか?

ヒカキンさんがすでに見ていて反応を動画にしていたのでどうぞ↓

『天気の子』感動のラストシーンで泣くヒカキン

上映開始後すぐに更新をしますので楽しみにお待ちください。

コメント